ペイントホームズ
川越店

劣化を早める要因!寒暖差や気候からのダメージ

 

外壁が劣化する原因として挙げられるのは“紫外線”や“雨風”などがあります。塗膜は経年劣化により徐々に劣化していきますが、劣化を早めてしまう原因は、実はこれだけではありません。今回は外壁の劣化を早める要因についてお話ししていきたいと思います。

 

  • 塗膜の劣化を早める要因とは?

*凍害(0度以下)⇒寒冷地などでよく見られる劣化の原因に凍害があります。凍害とは、外壁材が水分を吸収し、凍結解凍を繰り返す症状を指します。この現象が繰り返されるたびに外壁材が傷み、塗膜の膨れや剥がれが起こります。

 

*太陽の熱と紫外線⇒劣化原因によく挙げられる紫外線ですが、人間の肌と同じで外壁にも良くない存在です。またジリジリと熱い太陽の熱も劣化の原因となりダメージが2倍になります。外壁を守る樹脂が減り、外壁材を傷めてしまいます。

 

*湿気⇒雨が続く日や太陽があまり当たらない面の外壁などに湿気が多く、塗膜や外壁材を劣化させる原因となってしまいます。塗膜に付着したままの水分からカビやコケの繁殖が起こり、美観が損なわれ外壁材を腐食させてしまいます。

 

 

外壁にダメージを与える要因が沢山ある環境だからこそ塗装工事は定期的に行わなければなりません。今回は外壁の劣化原因についてお話ししました。