ペイントホームズ
川越店

トラブルを防ぐ?飛散防止の役割を解説!

外壁塗装工事において、安全性を確保するために欠かせないアイテムの一つが「飛散防止ネット」です。このネットは、塗料や塗装作業中に発生する高圧洗浄の水しぶきや塗料の飛散を抑制する役割を果たします。以下では、飛散防止ネットについて詳しく解説します。

 

⒈飛散防止ネットとは?

飛散防止ネットは、外壁塗装作業の際に建物の周囲に設置される安全対策用のネットです。通常、柔らかくて軽量な素材で作られており、塗料や微粒子、高圧洗浄機の水しぶきなどの飛散を防止する役割を担います。また、風や外部の要因から塗装現場を保護する機能も持っています。

 

⒉飛散防止ネットの役割

①安全確保… 塗装作業中、職人の転落防止のために飛散防止ネットは設けられます。2階部分や屋根、階層の多い建物だと高所作業になるので転落事故が起きる可能性が高くなるため安全確保のため設置されます。

 

②周辺保護… 塗料が周囲の建物や車両などに飛散してしまうことを防ぎます。これにより、周辺環境への影響を最小限に抑え、トラブルを未然に防げます。

 

 

外壁塗装では飛散防止ネットは欠かせないものになります。安全に塗装工事を行えるアイテムの1つです。今回は飛散防止ネットについて役割をご紹介しました。